グルジア料理店『ガンバルジョ!』(გაუმარჯოს!,GAUMARJOS!)へ行く

このお店は2010年に閉店しています。

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10489852152.html
2010年3月24日

《転載開始》

珍しもの好きの私は、やはり珍しいレストランにも行きます。
とはいっても忙しいので、中々時間が取れません。
実は、つい先日或る用事で五反田に行きましたので、
その序でに、日本で唯一というグルジアレストランに行きました。
ディナーではなくランチですが。

『ガンバルジョ!』という店名ですが、意味は「乾杯!」だそうです。
しかし、綴りが「Gaumarjos」なのは何故でしょうか?
グルジア語は、概ね書いた通りに発音すると思っていましたが。
グルジア文字による綴りも「გაუმარჯოს」であっています。
「ガウマルジョス」とは言わないのか?
空耳アワーっぽく聴こうとすれば、
「ガンバルジョ」と聞こえるのでしょうね。多分。
それにしても、
日本語に近い言葉と食に関する言葉を上手く利用してますね。
同音異義語というか。
厳密には、如何にも”ハタ坊”(赤塚不二夫の漫画のキャラ)
の発する言葉っぽいですが(すいません)。
店が出来たのが2008年と、つい最近だそうです。
五反田にグルジアワイン専門店「ガンバルジョ」 - 品川経済新聞

გაუმარჯოს!_1.jpg

ランチは、
セルフ方式の食べ放題(シッティング・ビュッフェ)で1000円です。

大食いの人にとっては、安いと思います。
種類はそんなに多くは無いですけど、その分美味しいです。
日によって内容は少し変わるようです。
フォークやスプーンだけではなく、箸も置いてあります!!

画像の一番右は、
チャホフビリ(ჩახოხბილი:トマトベースの鶏肉スパイシー煮込み)
で、味はビーフシチューっぽい感じ?
塩味はやや濃い目ですが、美味しい。
香草(ハーブ)も浮いています。
ご飯と一緒に食べたいと思いました。

画像の一番上は、マツォニ(მაცონი:カスピ海ヨーグルトのスープ)
だそうで、塩味は薄めで、酸味があります。
中に少し粥が入っているようです。
ヨーグルトの事を、グルジアでは「マツォニ」と呼ぶそうですけど、
このスープもそう呼ぶのでしょうか?
貰ったチラシに『マッツォーニ』と書いてあります。

サラダは、トマトとキュウリの薄く切ったものや、
レッドキドニー(金時豆)の甘くない塩味の甘納豆みたいなの>
(クルミも入っているらしい)、
あと、ちょっと内容は忘れたのですが、コーンとかキュウリなどを
マヨネーズかランチドレッシングで和えたような一般的っぽいサラダ。

で、私の一番のお気に入りは、
ハチャプリ(ხაჩაპური:チーズパン)です!!
一言でいうと、”チーズ入りナン””チーズ入りピザ”といったところ。
衣はモチモチしている上に、中のチーズはタップリ!!
きちっと計ったわけでは無いので見た目で言いますが、
厚さは大体2cmくらいとぶ厚く、ボリュームあって食べ応えあり!!
しかも、往々にしてチーズは味に独特のクセがあると思うんですけど、
このチーズはそういったクセが感じられませんでした(主観ですけどね)。
これ、どこかで出したら大受けするんじゃないですかね?



店構えは全面ガラス張りなんですが、
落ち着いた地味な印象なので目立たず、
初めての人には分かり辛いかも。
座席数はそんなに多くないです。
テーブルが6~7席あったかな?
それ+カウンター席。
私が行った時、1階のテーブルが全て埋まっていて、
やめようかなと思ったんですが、
2階もあるかもと思って入ってみたら、2階は空いてました。
でも、その後、女性客がたくさん入ってきました。
珍しもの好きは、意外と多いようです。

デジタルテレビの大画面では、グルジアの歌と踊りがやってました。
スポーツとかもやっているようです。

帰りがけに、ウェイターの人に
「グルジアの音楽好きですよ。パリアシュヴィリとか」
などと言うと、トイレに貼ってある、
ニーナ・アナニアシュヴィリ(ნინო ანანიაშვილი)
のポスターが貼ってあるのを教えてくれました。
私は知らなかったんですが、結構有名らしいです。

グルジアと言えば、ワインが有名です。
今度暇が出来た時に、ディナーでもとりに行こうかと思います。



【アクセス】
東京都品川区東五反田1-25-17
五反田駅から都道317号線
(国道1号線とは別の品川駅に向かう大通り)を
東に向かって左側の歩道を歩いていく。

ランチ  11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 18:00~22:00
バー   22:00~02:00(L.O.01:30)

定休日:日曜日
 



【追伸】
最近、チェコの『クネドリーキ』(Knedlíky)
という蒸しパンのような食感の食べ物があると知り、
食べてみたいと思って検索してみたところ、
東京にチェコ料理店があると知り、
これは行かなくてはと思いました。
それから、リトアニア料理を代表する『ツェペリナイ』(Cepelinai)
も食べてみたいのですが、リトアニア料理店は、
日本では沖縄にしかないらしい。
『ディチュククレイ』(Didžkukuliai)とも呼ばれますが、
飛行船に似た形から、
『ツェッペリン』という意味の名前が付けられたそうです。
チベット料理専門店は、相変わらず京都だけですか?
ネパール料理との掛け持ちが殆どですか?
京都へ何かの用事で立ち寄ったおりには、絶対行きます!!
そういえば、十条にあるというウイグル料理店には、
未だ行っていない。
早く行かねば!!
汐留に、ブルガリア料理店『ソフィア』が出来たそうで、
こちらへも行かねば!!
『カヴァルマ』(Кавърма,Каварма)が食べたいが、
ネットで調べてみたところ、ちゃんとありました。



【追記:2020/3/19】
残念ながら、2010年いっぱいで閉店しています。
でも、興味深い内容から語り継ぎたいというのと、
ジョージア料理についての興味深い話も追記しておきます。

松屋が期間限定店舗限定で出していた
「シュクメルリ御膳」が大好評との事で、
再販されたそうです。

私は、再販される前の期間限定期に注文しています。
ニンニクの臭いきつめのシチューという感じですが、
病み付きになる味です。

შკმერული_1.jpg

ジョージアの伝統料理
「シュクメルリ」(შკმერული)をベースにしたもので、
サツマイモが煮込んであるのは日本の松屋オリジナル。
シュクメルリをご飯のお供にしているのも松屋オリジナル。

それと、運よく「ガンバルジョ!」のチラシを保存していたので、
ここに公開します。

გაუმარჯოს!_2.JPG
გაუმარჯოს!_3.jpg

《転載終了》

この記事へのコメント