のらひと下等兵(風間サチコさんに捧ぐ)

のらひと下等兵 2007-2020-3-17.jpg
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
発案:2007年
完成:2020年3月17日(修正:3月17日)


まだ高円寺にあった頃の無人島プロダクションで、
風間サチコさんの作品を初めて目にした瞬間に思いつきました。

署名用の記帳ノートにドローイングしたので、
一応は2007年の時点で「のらひと」を描いてはいます。

13年間も清書ができなかったのは、
パロディと言えど結構エネルギーを使うと思ったからです。
調子も悪かったし。

なので、今頃描き上げて正解だったかも。
我ながら上手い具合に描けたかも?

アイデアの元は、猛犬軍の服装が、ピーポくんみたいに
全裸にガンベルトという状態なのを茶化したものですが、
実はそのパロディには先駆者がいたというのを後から知りまして。

手塚治虫先生の
「のらくろもどき」(1984年)
というのですが、巨匠が巨匠をパロるというのは、
何だか感慨深いです。

The Looks Like Norakuro.jpg
虫ん坊 2013年5月号(134):TezukaOsamu.net(JP) - 手塚治虫


つい最近、服を着たのらくろを知ったのですけど、
実はパチモノらしいです。
「のらくろ陸海軍」
といって、湯浅春江堂と湯浅粂策によるもの。

のらくろ陸海軍.jpg
Twitter

それと、私が「のらひと」を思いついた時、
真っ先に頭に浮かんだのが、
ジャック=ルイ・ダヴィッド(Jacques-Louis David)作
「サビニの女たち」(Les Sabines)
です。

The_Intervention_of_the_Sabine_Women.jpg
サビニの女たち - Wikipedia

「おまえら、何裸で戦っとんねん」という。
全裸のローマ軍兵士がどさくさ紛れに出ている理由、
分かりましたね?

半ば伝説化した歴史を描く場合、
やはり神話を描く様な感じなので、
裸で描くのかも知れません?

一つ残念なのは、
「のらくろであります!田河水泡と子供マンガの遊園地」
(川崎市市民ミュージアム)

という展覧会の会期中に描き上げられなかった事です。

のらくろであります!.png
のらくろであります!田河水泡と子供マンガの遊園地 | 川崎市市民ミュージアム

「のらひと」を本格的に描くにあたって、
基本設定くらいは考えた方が良いと思い、
一応考えました。
如何に示します。

20××年、日本政府は、
日米合同委員会の指令による長い期間に渡る緊縮財政により、
倒産が相次ぎ、失業者やホームレスの増加に頭を抱えていた。

そこで政府は、経済徴兵制を施行する。
「猛人軍」と名付けられたその軍隊は、
日雇い労働者にも雇用が開かれ、
住居、賃金、その他、様々な権利や保障が与えられるという。

しかしその実態は、人口削減を目的とした、
体の良い厄介払いだった。

失業中の野良人(のらひと)は、
たまたまその広告を目にして魅力を感じ、
猛人軍の門を叩いたのだが…。

何だか物凄いヤバい設定。
「ゼイリブ」とか「1984」辺りのディストピア小説が好きな人にお薦め?

それと、これは後付けなのですが、
末端の日本兵がまともに人として扱われていなかった状況を
暗に批判する意味合いを込めました。

「お国のために死ね」って、おかしいでしょう?
死んだらこれ以上戦えなくなりますから。
「お国のために生き抜け」ってならまだ分かります。

終戦後、高官クラスで責任を取って自決した人はいましたが、
戦後ものうのうと生き続けた人もいます。
兵站軽視による無駄死にはさぞ無念であったでしょう。

勿論私は、反日似非左翼なんかではないので、
ルーズヴェルトやチャーチルもゲスだと思っています。
スターリンやカーチス・ルメイもね。

毛沢東に至っては、
日本の軍閥のお蔭で中共が政権を樹立できたとさえ語っているそう。
(毛沢東主席の黒田寿男社会党議員等に対する談話:1961年1月24日)
日本軍と国民党軍がお互いに潰し合って、
力を温存していた中共が漁夫の利を得たのです。

第二次世界大戦自体、
安全な所にいてぬくぬくとしている奴による、
金儲けのためのプロレスの茶番という説もあります。
(この手の話をすると陰謀論者の烙印捺されるけど構わねえ)

なら尚更、戦わされた庶民はたまったもんじゃない!!

「不自由の不自由展 吉祥寺トリエンターレ2019」(Gallery ナベサン)
会期中にこの作品を描き上げて飛び入り参加したかったです。

不自由の不自由展.png
不自由の不自由展 吉祥寺トリエンターレ2019 - Gallery ナベサン

吉祥寺トリエンターレ2019_1.JPG
吉祥寺トリエンターレ2019_2.JPG

最終日には行きましたけど。

この記事へのコメント