普通研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 【イラスト】ロボットに乗ってぶらりお散歩 - 第2作目

<<   作成日時 : 2018/12/17 19:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12425252031.html
2018年12月17日

《転載開始》

画像
画材: アクリル絵具・ケントボード(A4)
完成: 2018年12月11日(加筆修正:12月17日)


今回の記事は、今年最後の記事になるかも知れません。
あっと言う間の2018年でした。
つい最近まで暑かったと思っていたのに…。

最近時間が早く進む気がするという話をよく耳にするのですけど、
その理由を単に歳取ったからと考えるのはどうなんだろう?と思ったり。

古代ギリシャには、時計が機械的に刻むクロノス(Χρόνος)という時間の他に、
人が主観的体感的に感じるカイロス(Καιρός)という時間の概念もあったとか。

カイロスとクロノスの時間の整合性のバランスが崩れてきまして……。 - In Deep

好きな事をしていると時の進むのが早く感じるとはよく言いますが、
秒針の進み具合も何だか早くなった気もしないでもありませんけど。

まあそれはともかく、本題に移ります。

昨年から描きはじめた、
町中をロボットでぶらりとお散歩するワンちゃんのイラストですが、
その第1作目を発表した時、
「次回作は是非ガールフレンド同伴で」
というリクエストをコメント欄より戴きました。

まだ大して高い作画技術が身についているわけでもないのに、
無理して高度な技術を要する複雑な絵を描こうとしたために、
あーでもないこーでもないと悩みまくって、
結局は妥協してこの程度の構図の絵となりました。
完成がこんなに遅くなってしまったのはそのためです。

お蔭で、いきなり上級者コースを目指す悪い癖、
最近は少し収まりました。
自分の画力の程度が分かったので。

簡単な構図のものから描いていけば、
徐々に画力も上がって複雑な絵も描ける様になるかも知れません。

ブログとかTwitterなどで活躍なさっている
他の絵師さん漫画描きさんたちの作品を拝見させて戴くと、
皆さんセンスがある方々ばかりで、ホント、謙虚な心持ちになります。

ふと思ったのは、単に手先が器用で絵が上手いだけでもいけなくて、
それなりのセンスが無いといけないのかなあということ。

私は手先は割りと器用な上、
出てくるアイデアも我ながら面白いものが少なくないと思っていたので、
そのせいでちょっと自惚れてしまったところがあった様で、
そういうのを形にするための努力というのを怠っていました。
なので、想像力を働かせた絵についてはいつも微妙な出来具合でした。
分かりやすく言うと、思った通りに描けない。

画力があるかどうか(上手いかどうか)が余り重要ではなかったりするのは、
アウトサイダー・アート、アール・ブリュット、ヘタウマ等を見ても明らかです。

北欧旅行後に絵描きとしての調子がやっと出てきたとはいえ、
私にはまだ足りているとは言えない絵のセンスをもっと磨こうと思います。
折角の面白いアイデアも、
絵の説得力が低いために反応がイマイチという体験、
私以外にもいるかも知れませんが…。

ちなみに、ロボットをデザインする上では、
戦闘メカザブングルのウォーカーマシンや、
鳥山明先生のメカなどを参考にさせていただきましたが、
余りにも参考にし過ぎたせいなのか、
あまり洗練されていないデザインになったかも?

その代わりに、前作のロボに比べれば、
妙な誤魔化しっぽい描写は減ったかも?
梯子を設置したり、形にしたらちゃんと動くっぽい所とか。
行く行くは、洗練されている上に、
実際に形にしてもちゃんと動きそうなデザインができたらなと思います。

それから、このワンちゃんには一応キャラ設定を与えています。
機械整備士見習いで、
将来機械整備士特級の資格を得る事を夢見ています。

「機械整備士」というのは私が適当に考えたものですが、検索してみると、
「建設機械整備技能士」の資格というものがあるそうです(知らんかった)。
建設機械整備技能士 - Wikipedia

このワンちゃんは一応、ロボット操縦免許は持っています。
という事は子どもではない?

一応漠然と小学生くらいの子どもという設定にしていましたが、
もし現実にやるとしたら18歳以上とかになると思うので。

大体漫画とかアニメだと、
子どもだけど特別に免許を取得しているという設定があったりしますけど、
そういう風にしようかな?

機械整備士見習いだと特別にこの年齢でもOKにするとか。
まあ、本格的にこのイラストをストーリー漫画にしようとか
思っているわけではないので。

あと、このワンちゃんn名前を考えていませんでした。
単純に「ワンくん」にしようかな。

ちなみに前作はコレです↓
画像
【イラスト】ロボットに乗ってぶらりお散歩
2017年10月26日

ところで最近、こんな映像を見つけました。

画像
画像
画像

最近の映像技術は、
フェイクなのかガチなのか判別が付かなかったりしますけど、
もしこのロボットが本物なのであれば、
ロボットに乗ってぶらりお散歩が本当に実現できるわけですが。

お次は話が変わって、
秋頃に鑑賞したもののブログでの紹介がままならなかった展示のご紹介。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

10月に、横浜中華街のギャラリーソコソコという画廊で
「ブレイクイク初夜」
という二人展が開催されていました。

天才肌の画家、牧田恵実さんが「天才」と推す
川合喬太さんを世に問うのが目的とか。
天才が天才に惚れて二人展が実現したわけです。

川合さんの作品は、
昭和の時代の特撮とかSFアニメを彷彿とさせながらも、
独特の作品に仕上がっており、
昭和好きの私にとってお気に入りの作家となりました。

アルフレート・クービンの要素も感じられ、
シュルレアリスム好きにもお薦めかも?

ちなみに、一番最後の画像は牧田さんの作品です。

画像
画像

その牧田さんは、11月にも Art Lab Tokyo で「白鯨会」という、
グループ展を装った個展を開催。

グループ展に見せかけた個展です。
私も、若い頃そういうアイデアを思いつきましたよ。
作品の一つひとつの作風が異なるので、
別の人が作った様に見せ掛けるというアイデア。

でも、集中力が続かない気質(ADHDのせいかも)のせいで、
アイデアを思いついただけに留まりました。

それにしても、牧田さんの作風は、幻想的な写実という、
ダリやマグリット等に通じる緻密なシュルレアリスム風でありながら、
それを短期間で仕上げてしまうのには何時も驚いています。
正直羨ましいです!!

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

店仕舞いしてしまった「歌舞伎町ブックセンター」の跡地で、
10月に開催されていた「にんげんレストラン」の展示を訪問。

Chim↑pomや松田修くん、関優花さんなど、
知り合いが多く出場しているというので。

別の展覧会で展示した作品の展示もありましたが、
松田くんや関さんなどの、
身体を張ったパフォーマンスには特に感心させられました。

津波の犠牲者の遺族からどうやって涙を採取したのだろうか?
不可能を可能にする、やり遂げてしまうチンポムにも感心させられます。

それと、ニワトリが可愛い!!

そんなわけで、皆様も良いお年をお迎えください!!

《転載終了》

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

【イラスト】ロボットに乗ってぶらりお散歩 - 第2作目 普通研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる