【イラスト】カエルと踊ろう水踊り!!(カワウソ妖怪の奔斗くん)+こどもの日特集

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12373154238.html
2018年5月5日

《転載開始》

画像
カエルと踊ろう水踊り!!
カワウソ妖怪奔斗くん(ケモショタ妖怪シリーズ)
画材:アクリル絵具・ケントボード(A4)
完成:2018年5月1日(加筆修正:5月16日)


カワウソ妖怪奔斗(ほんと)くんシリーズ第2弾!!

細かい絵の割には意外と一カ月も掛からず仕上がりました。
以前の遅筆だった頃の自分を思うと、何だか夢の様です。
この調子でどんどん絵を描いて行こうとおもいます。

今回は、奔斗くんの恋獺(ガールフレンド)奔子ちゃんも登場。
第1作目を描いた当初からこのキャラは考えていました。

奔斗くんの漫画化も当初から考えておりますが、
展覧会の準備など諸々立て込んでおりまして、
いつ手掛けられるのかどうかはまだ不明です。

私は、このキャラを創造した時、
「ケモショタ妖怪」という言葉を思いつきました。
念のためこの言葉を検索してみたのですが、
意外や意外、全く出てこなかったので、奔斗くんをもって
「ケモショタ妖怪シリーズ」
始動とさせていただきます。

ちなみに、最初に奔斗くんを描いたあと、知人から、
カワウソがブームであると教えられたのですが、
私は全然知りませんでした。

私は単に、オリジナルの妖怪をデザインするのが好きで、
その流れでデザインしたわけです。
私のカワウソ好きは、妖怪から入った形です。

カワウソというか、
フェレットなどのイタチ系全般が好きになってしまいましたが、
これもカマイタチから入った形です。

ちなみに、奔斗くん第1作目はこちら↓

画像
【イラスト】奔斗くんと川のヌシ(カワウソ妖怪の奔斗くん)
2017年04月13日

今見ると、色々と拙さを感じます。
でもこれって、絵描きとして成長した証なのだろうか?
と、前向きに捉えておきます。

◎カワウソ妖怪奔斗くんとは…◎
人間たちの
「ニホンカワウソよ、どこかで生きていてくれ~っ!!」
という想念が実体化した妖怪。

妖怪は通常、人間や物の業や怨念が実体化ものであるが、
奔斗くんは希望や願望が実体化したものなので、
どちらかというと“妖精”に近い?

性格はメチャ明るく好奇心旺盛。
思い遣りに溢れており、困っている人、動物、妖怪などを見ると、
助けずにはいられない。

奔子ちゃんというガールフレンドがおり、とても仲が良い。
奔子ちゃんは、奔斗くんに「おなかつんつん」するのが好きで、
奔斗くんも、奔子ちゃんに「おなかつんつん」されるのが好き。

水を構成する原子たちと会話する事ができ、
水に「お願い」する事で、思い通りに動いてもらう特殊能力がある。
(ソラ情報から思いついた設定)

◎カワウソをめぐる事件簿◎
画像
絶滅種「ニホンカワウソ」発見か 琉球大が撮影 - ITmedia NEWS
昨年に奔斗くんを描いた少し後、
対馬で38年ぶりにニホンカワウソ発見か?
というニュースが話題となりましたが、
残念ながら、痕跡調査の結果、
ユーラシアカワウソの可能性が高いと判明。
環境省_対馬におけるカワウソ痕跡調査の結果について

残念な結果ではありますが、ロマン溢れる存在、
それがニホンカワウソであるのには間違いありません。





お次は話が変わって、こどもの日特集と行きます。
数年前より、どういうわけか毎年、こどもの日には、
子ども受けしそうなクラシック音楽の紹介記事を公開してるので、
2018年のこどもの日もそうさせていただきます。

以前ご紹介した作品も一部出しています。
(長いので、興味の無い方は読み飛ばし推奨です)

こどものための極私的クラシックコンサート2018

ノルウェー狂詩曲第1番
Norsk rapsodi Nr 1
ヨハン・ハルヴォシェン(ノルウェー)
Johan Halvorsen

「こどものためのクラシックコンサート」
の序幕として相応しい作品としては、まずこの作品を挙げます。
3部形式となっており、
第1部は「森の動物たちの陽気な行進曲」という感じ?

アチクァプス(ラトヴィア舞曲集 より)
Ačikops - Simfoniskā svīta "Latvju dejas"
アンドレイス・ユルヤーンス(ラトヴィア)
Andrejs Jurjāns

こちらもコンサートの序幕として相応しいですが、
童謡風の旋律が随所に現われます。
特に「アルプス一万尺」っぽい旋律が印象的。

貧しい踊り(ラトヴィア舞曲集 より)
Nabaga deja - Simfoniskā svīta "Latvju dejas"
アンドレイス・ユルヤーンス(ラトヴィア)
Andrejs Jurjāns

ひよこか妖精、小さな子どもたちが行進しているような、
昔のアニソンっぽい可愛らしい作品。
こんなのが無名というのは勿体無さすぎる!!

定期市の日(アイルランド交響曲 より)
The fair day - An Irish Symphony
ハミルトン・ハーティ(アイルランド)
Hamilton Harty

可愛らしい昔のアニソンっぽい曲と言えばコレもあります。
黒いちごの花(Blackberry Blossom)
去りにし娘(The Girl I left Behind me)
が使用されています。

交響詩「雁の群れと共に」
Symphonic poem "With the Wild Geese"
ハミルトン・ハーティ(アイルランド)
Hamilton Harty

やっと誰かYouTubeに上げてくれましたか。
概ね、ハリウッドの冒険アクション映画音楽っぽいですが、
最重要フレーズが、1970年代の渡辺宙明とか菊池俊輔
ヒーロー風っぽくもある?

アイルランド狂詩曲第5番
Irish Rhapsody No. 5
チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード(アイルランド)
Charles Villiers Stanford

私が11年も昔(2007年)に、
ヒーローっぽいクラシック曲の一つとして紹介した作品。
ヒーローサウンドのようなクラシック音楽 マイナー編 第2弾!!
2007年11月7日
しかし、YouTubeに上げられたのはつい最近になってからです。
出撃のBGMに使えそうなノリの良いテンポ!!
また中間部のうっとりする様な美しく優しさに溢れた旋律は格別ですし、
クライマックスの大団円ぶりも興奮します。

交響曲第7番 イ短調「シンフォニア・ロマンティカ」
Symfoni nr 7 i a-moll, op 45, Sinfonia romantica
クット・アッテルベリ(スウェーデン)
Kurt Atterberg

第1楽章がもろヒーロー風です。
第二次世界大戦中に書かれています。
戦争への不安がこの作品を書かせたのだろうか?
一部に「仮面ライダースーパー1」の主題歌風フレーズあり。
アッテルベリは、他にも、
交響曲第1、4、8番にヒーロー風の旋律を出しています。

実は去る4月21日に、こんなコンサートが開かれていました↓
画像
渡辺宙明特集 ヒーローオーケストラ/昭和の子どもたちへ - スリーシェルズ
渡辺宙明特集
ヒーローオーケストラ
昭和のこどもたちへ

というのですが、
演奏会の日を5月5日にしようとは思わなかったのでしょうか?
昭和時代に子どもだった人(現在は中年以上)が対象という事で、
現役の子どもは知らない作品ばかりでしょうし。

あと、これはずっと以前から思っている事なのですが、
ヒーローっぽい作品を集めたクラシックコンサートなんかがあれば
面白いなと(アニソンっぽいクラシック音楽でもいいのですが)。

「実際に使われている」ではなく、
「如何にもそれっぽい」というのが重要です。

画像
ちなみに、一部で話題になったという「交響戦艦シリーズ」には、
私がブログでヒーロー風クラシック曲だと紹介した作品が
1曲もありませんでした。
中には、「えっ、何で?」と思うものまで…。
(まあ、感覚は人それぞれなんで)

その他の、こどもの日のクラシックコンサート↓

画像
こどもの日コンサート2018(神奈川県横浜市)
横浜みなとみらいホール こどもの日コンサート2018|【公式】横浜市観光情報サイト

画像
こどもの日のこどものためのコンサート(香川県高松市)
こどもの日のこどものためのコンサート - サンポートホール高松

画像
こどもの日 特別コンサート(神奈川県川崎市)
こどもの日 特別コンサート_川崎の生涯学習情報 - 川崎市生涯学習財団

画像
こどもクラシックの日2018(大阪府豊中市)
【主催】こどもクラシックの日2018 | 豊中市立文化芸術センター

もっとあるけどかったるいのでここまでにします。

というわけで、今は少子化のご時勢なので、
お子さんは大切に愛情たっぷりに育てましょうね!!

《転載終了》